コラム

絶対に外さない!洞爺湖の定番観光スポットと楽しむためのコツ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

日本で3番目に大きいカルデラ湖である洞爺湖。圧倒的な存在感を全身で感じられる自然美はもちろんですが、周辺には魅力的な観光スポットが多くあります。季節ごとのイベントも人気で、花火やイルミネーションもお楽しみのひとつ。

本記事では、洞爺湖へのアクセスや季節のおすすめの服装に加え、必ず訪れたいイチオシスポットまでたっぷりご紹介します。

洞爺湖ってどんなところ?

洞爺湖の浮見堂公園の風景

洞爺湖とは支笏洞爺国立公園の中心にある湖で、日本で3番目に大きいカルデラ湖です。約11万年前に起きた噴火によって生まれ、噴火活動のなごりとして4つの島が湖の中央に浮いています。湖を囲う山々の木々が春夏秋冬異なる姿へと移ろい、それらが鏡のように湖面に映える景色は何とも言えない美しさがあります。

洞爺湖町の町並み
洞爺湖の位置を表すマップ

また、洞爺湖周辺の火山活動によって発見されたのが洞爺湖温泉です。北海道有数の温泉地としても有名な洞爺湖温泉街では絶景とともに源泉かけ流しの湯を楽しめるホテルや旅館がいくつも点在し、中には手湯や足湯が無料で楽しめるスポットも。札幌から車で約2時間、新千歳空港から約1時間30分とドライブにも丁度良い距離で、札幌市民はもちろん、道外からの旅行者にも人気のある温泉地です。

また、洞爺湖といえばサミットを思い出す方も少なくないでしょう。2008年に開催された「洞爺湖サミット」では世界主要8カ国の首脳陣が一堂に集まり、世界経済や気候変動について話し合われました。

\ 意外と忘れてる!? /
洞爺湖サミットってどんな会議? → こちら

洞爺湖温泉は寒い?どんな服装がおすすめ?

洞爺湖周辺の平均気温はで約7度で、北海道全体の平均気温に比べると少々気温が低くなっています。1~3月は氷点下となる日がほとんどで、コートやマフラーなどの防寒が必要です。4~6月もまだ肌寒い日が多いため、薄手の上着やストールなどがあると良いでしょう。

7~9月にかけては暖かい日が続き、半袖で過ごせます。ただ、天気の変わりやすい立地でもあるため、雨風対策や夜はカーディガンなどの羽織を用意しておくのがおすすめです。10月からは冬に近づき気温が下がるため、インナーや上着などで防寒対策をとりましょう。

\ 洞爺湖温泉もランクイン /
北海道の温泉地ランキングTOP15 → こちら

洞爺湖のおすすめ観光スポット

さっそく洞爺湖のおすすめ観光スポットを紹介していきます。景色を眺めたり、散策したりするなど、好きなスタイルで洞爺湖を満喫してみましょう。

サイロ展望台 

サイロ展望台

サイロ展望台は、洞爺湖の西岸にある展望台です。洞爺湖を一望できるポイントにあり、中島や有珠山などさまざまな景色をたっぷり眺められます。

敷地内には、赤いコンテナが目印のカフェがあり、ソフトクリームや本格コーヒーなどが人気です。ヘリコプターから洞爺湖を眺められるスカイクルージングも例年営業しているので、違った角度で洞爺湖を楽しみたい方はぜひチャレンジしてみてください。

住所虻田郡洞爺湖町成香3-5 [Googleマップ]
問合せ先0142-87-2221
営業時間8:30~18:00
駐車場あり(無料)
公式サイトサイロ展望台

中島・湖の森博物館

洞爺湖の中島にある博物館

洞爺湖の中央に浮かぶ4つの島は「中島」と呼ばれ、そのひとつである大島に「中島・湖の森博物館」があります。洞爺湖の自然や動植物などの標本やジオラマが展示されていて、洞爺湖について学べる施設です。館内にはカフェがあるので、ちょっとひと息つくのにもおすすめです。

ちなみに大島(中島)へは、洞爺湖汽船の遊覧船への乗船が必要です。遊覧船については記事後半で紹介しているほか、詳細記事もあるのでそちらでもチェックしてみてくださいね。

住所北海道洞爺湖大島
問合せ先0142-75-4400
営業時間9:00~16:00
入館料大人200円、子供100円
駐車場なし
参考サイト中島・湖の森博物館

\ こちらもチェック /
洞爺湖に行ったら遊覧船に乗ろう → こちら

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館

洞爺湖ビジターセンター・火山科学館では、有珠山の火山活動を学べる学習施設です。映像や解説のほか、体験できる装置もあり、五感で有珠山について知ることができます。

洞爺湖と有珠山には深い関わりがあり、深く知ることでもっと観光スポットを楽しめるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

住所虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉142番地5 [Googleマップ]
問合せ先0142-75-2555
営業時間9:00~17:00
料金大人600円、子供300円
駐車場あり(無料)
公式サイト洞爺湖町火山科学館

\ あわせて読みたい! /
人々を魅了する昭和新山 → こちら

有珠山ロープウェイ

有珠山ロープウェイ

有珠山の麓と山頂を繋いでいるのが「有珠山ロープウェイ」です。約6分の空中散歩を楽しむことができ、洞爺湖と有珠山、昭和新山の3つを四季折々の景色を交えて眺められます。

有珠山ロープウェイのテラス

山頂にはテラスがあり、プライベートシートやソファなどに腰をかけながら、喧騒を忘れてしばしゆったりできるのが魅力。山頂の外輪山遊歩道を利用してトレッキングに出かけたり、有珠山の火口原展望台もあるので、アクティブにアクティブに過ごしてみるのも良いでしょう。

住所有珠郡壮瞥町字昭和新山184-5 [Googleマップ]
問合せ先0142-75-2401
営業時間8:00~18:00
駐車場あり(500円)
公式サイト有珠山ロープウェイ

\ 関連記事 /
有珠山ロープウェイで山頂へGO → こちら

とうや湖ぐるっと彫刻公園

とうや湖ぐるっと彫刻公園

とうや湖ぐるっと彫刻公園は、洞爺湖を囲むように58基のアートを設置している公園です。人と自然が触れ合う野外彫刻公園というコンセプトで、自然の中で個性豊かな芸術作品を鑑賞できます。

人物や動物、オブジェなどさまざまな彫刻があるので、お気に入りを探しながら湖畔をぐるっと歩いてみてはいかがでしょうか。

住所虻田郡洞爺湖町・有珠郡壮瞥町 [Googleマップ]
問合せ先0142-75-4400
(洞爺湖町観光振興課)
駐車場あり(無料)
参考サイトとうや湖ぐるっと彫刻公園

洞爺湖でおすすめの体験・アクティビティ

洞爺湖の自然をもっと感じるなら、体験・アクティビティがおすすめです。景色を間近で感じたり、身体を動かしたりしながら、全身で洞爺湖を楽しんでみましょう。

洞爺湖汽船

洞爺湖汽船の遊覧船

「洞爺湖汽船」は遊覧船を運航している会社で、中島を巡る遊覧船や花火大会鑑賞船などに乗船することができます。

洞爺湖中島巡り遊覧船は四季の季節を船から眺められ、夏期は大島に下船して博物館を見学したり、遊歩道を散策したりできるのが魅力です。洞爺湖ロングラン花火大会中は花火鑑賞船が運航し、花火を船から鑑賞できます。お城のような外観が印象的な遊覧船「エスポワール」も見どころ。見た目はもちろん、広々とした船内スペースも満喫してみてください。

洞爺湖汽船
住所虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29 [Googleマップ]
問合せ先0142-75-2137
料金▼洞爺湖中島巡り遊覧船
大人1,500円、子供750円
▼洞爺ロングラン花火鑑賞船
大人1,600円、子供800円
駐車場あり(無料)
公式サイト洞爺湖汽船

\ こちらもチェック /
洞爺湖の遊覧船と花火鑑賞船 → こちら

レイクトーヤランチ(乗馬)

レイクトーヤランチ(乗馬)

レイクトーヤランチでは、洞爺湖周辺を馬の背に乗りながら楽しむ乗馬メニューを提供しています。

景色のよい高台まで歩くレイクトレッキングや傾斜を登って絶景を目指すレイクヒルトレッキングなど、体力に合わせて選べるコースが豊富です。初心者や子どもも楽しめるサポート付きの乗馬メニューもあるので、はじめての方もファミリーも乗馬にチャレンジしてみましょう。

住所虻田郡洞爺湖町月浦44 [Googleマップ]
問合せ先0142-73-2455
営業時間9:30~16:00
※時期により変動の場合あり
駐車場あり(無料)
公式サイトレイクトーヤランチ

とうやBINOCOLO(クリアカヤック)

とうやBINOCOLOでは、透明なカヤックで洞爺湖を巡るクリアカヤックをガイド。水面に浮いているような感覚で、洞爺湖をゆっくりクルージングできます。

湖上からの景色はもちろん、水中の景色も楽しめるのが一番の魅力。洞爺湖の中にも目を向けて、新たな発見ができるおすすめのアクティビティです。

参考サイト北海道体験.com

gla_gla(吹きガラス体験)

gla_glaは、ガラス工房を併設したカフェです。デザインからはじめる吹きガラス体験は、自分らしいオリジナルガラスをつくれる体験で、旅の思い出づくりにぴったり。ガラスに好きな絵を掘るガラス彫刻体験もあり、火を使わない分子どもも気軽に体験できます。

※吹きガラス体験、ガラス彫刻体験は現在休止中です

住所虻田郡洞爺湖町月浦44-517 [Googleマップ]
問合せ先0142-75-3262
営業時間10:00~17:00
※体験は現在休止中
駐車場あり(無料))
公式サイトgla_gla

洞爺湖でおすすめの夏イベント

イベントに合わせて、洞爺湖に出かけるのもおすすめです。洞爺湖の夏の風物詩は、洞爺湖ロングラン花火大会です。遊覧船や湖畔、ホテルの客室などから、夜空に打ちあがる花火を眺めてみましょう。

洞爺湖ロングラン花火大会

洞爺湖ロングラン花火大会

洞爺湖温泉では、例年4月から10月末まで毎日花火大会が開催されています。湖を移動する船の上から花火を打ち上げ、湖畔やホテルの客室などから楽しめるイベントです。

花火大会の時期は洞爺ロングラン花火鑑賞船が運行しており、船の上から花火を眺められます。遮るものがなく、ほぼ正面から鑑賞できるので、花火をより近くで見たい方におすすめです。

日時例年4月末~10月末
※2023年は4月28日(金)~10月31日(火)
会場洞爺湖温泉湖畔
開催時間毎日20:45から約20分間
問合せ先0142-75-2446
参考サイト洞爺湖温泉観光協会

\ 関連記事 /
洞爺湖の花火大会とおすすめ宿 → こちら

洞爺湖でおすすめの冬イベント

洞爺湖では、冬もイベントを元気に開催!一面の雪景色の中で、ひときわ輝くイルミネーショントンネルが現れます。冬といえばイルミネーションという方はもちろん、家族や友人、カップルの思い出づくりにもおすすめです。

イルミネーショントンネル

洞爺湖イルミネーショントンネル

2004年からはじまり、2017年から毎年開催されるようになったイルミネーションイベント。温泉街から洞爺湖畔までの道を約12,000個のイルミネーションでライトアップするイベントです。

イルミネーショントンネルは、40万個の電球でライトアップした光のトンネルで、まばゆい光の中を歩く幻想的な体験ができます。

日時例年11月~翌3月末
※2023年は11月1日(水)~2024年3月31日(日)
会場にぎわい広場
開催時間17:00~22:00(3月のみ18:00~)
問合せ先0142-75-2446
参考サイト洞爺湖温泉観光協会

まとめ

洞爺湖には、雄大な自然を楽しめる観光スポットやイベントが多くあります。遊覧船でクルージングしたり、展望台から景色を眺めたり、花火を見たりするなど、色々な楽しみ方ができるのが洞爺湖の魅力です。

洞爺湖は比較的冷涼な気候であるため、快適に楽しむためには季節に合った服装が大切。アクセスや服装などの準備をした上で、洞爺湖観光を思いっきり楽しみましょう。

さっかんジャーナル編集部

日々お客様を全道各地へご案内する、札幌観光バスのスタッフによる編集チーム。
観光スポットや話題のグルメをはじめ、その地の達人から見聞きした小粋な話まで、とにかく情報量が豊富です。
皆さまのバス旅が楽しくなる&推しバスになってもらえるよう奮闘中!