運行管理者

毎日40台以上のバスと、何十人ものドライバー・ガイドを切り盛りし、間違いなく走らせる。

安全で楽しい旅の下準備を担う、乗務員にとっての頼れるサポート役でありたい。

運行管理者は、『道路運送法』、『旅客自動車運送事業法』に基づき、運行の安全を確保する重要な業務です。
安全性評価認定 三ツ星を取得している当社は、法令順守はもちろん、さらに厳しい基準のもとで運行する必要があります。

 

日帰りの送迎から5泊6泊といった長期のご旅行まで、様々な行程の運行内容を受け、法に基づく乗務員の休息はもちろん、ガイドの技量も加味しながら、40台あまりの観光バスに対して適切な人員を無駄なく割り付ける仕事です。
さらに、運行指示書の作成、点呼の実施等、法令で定められた重要な業務を間違いなく進行していきます。

一方で、通行止めや天候不良で予定通り運行できない時や、現場での困りごとに関しても、事務所で第一報を受けるのは運行管理者。
時には乗務員の気持ちに寄り添い、平常心で安全運転に集中してもらえるようなサポートを目指しています。

普段から、乗務員に最近変わった様子はないか? 疲れが溜まっていないか? と、常に健康状態にアンテナを張り、積極的にコミュニケーションをとることを目標にしています。
入庫の時は、心から、「お疲れ様でした」、「事故なく帰ってきてくれてありがとう」という気持ちで、乗務員を迎えています。

併せて、安全に関する取り組みもご覧下さい。