札幌観光バス

新型コロナウイルスへの対応についてお知らせ(更新)

日頃よりご愛顧いただきありがとうございます。

新型コロナウイルスによる新型肺炎に関連して、
お客様および乗務員の健康と安全を確保するため、以下のような対策を新たに講じております。

1) 乗務員(ドライバー・バスガイドなど)、本社スタッフともに、出勤前に、検温をします。
乗務員については、運輸部が検温結果を確認し、記録します。宿泊を伴う乗務の場合は、宿泊日の朝も同様とします。
2) 37.5℃以上の場合は出勤停止・乗務停止とします。
3) 本人はもちろん、そのご家族が新型肺炎にかかった場合も、出勤停止とします。

なお、先日の通り、以下の対策は継続して行っております。

・日頃のバス清掃のオペレーションにアルコール消毒を加えます。
・手洗い・うがい・手指のアルコール消毒のさらなる徹底に努めます。
・ドライバー、バスガイドなどの乗務員は、マスクを着用して乗務します。